ローグウェーブソフトウェアのブログ

開発をシンプルに 安全で高品質のコードを 素早くお客様のもとへ

自動車の未来:上海モーターショー2019 - レベル2+・半自動運転のコンセプトカー

上海モーターショー2019(Auto Shanghai 2019)で、ドイツに本社を置く世界的な自動車関連部品のサプライヤZFが「ZF coPILOT」を搭載したコンセプトカーを発表しました。 「ZF coPILOT」はZF ProAIセントラルコンピュータとカメラやセンサーからの大量なデータを高速演算するためのNVIDIA DRIVE Xavierを搭載したLevel2+のADAS(Advanced Driver Assistance System)で音声コマンドによる半自動運転を可能にするとの事です。ZF社のプレスリリースはこちらをご覧ください。

 

コンセプトカーの紹介動画では、自動車専用道路での車線維持・車間距離の保持・高速道路への侵入や追い越し・インターチェンジでの分流などを操作する例が紹介されています。これを見る限り、音声コマンドというよりは、AIと会話しながら車を操作する、昔ブレードランナー(1982, Warner Bros.)を見て想像した近未来の世界を思い起させます。尚、このシステムは量産用に設計されており、2021年から利用可能になる予定との事ですのでとても楽しみです。

TotalViewはNVIDIAのXavierを正式サポートします

ローグウェーブの並列アプリケーションデバッガ TotalViewは、次期リリース版でNVIDIAのXavier環境を正式サポートします。 これにより、NVIDIA Xavierを利用した自動運転用アプリケーションのデバッグが可能になります。TotalViewが新しい車社会の実現に貢献できればうれしい限りです。 以前の投稿(We are on the Mars Baby!でも述べましたが、ソフトウェアメーカーにとって科学や産業の発展に寄与できる製品を世に送り出すことは至上の喜びです。

TotalViewについて

TotalViewは高性能なマルチコアアプリケーションおよび並列コンピューティングの為の高性能なデバッグツールです。スレッド、OpenMP、MPI、GPUコプロセッサを活用する並列プログラムに発生する困難な問題を再現しトラブルを解決するお手伝いをします。TotalView は、Linux (Cray や Blue Gene を含む)、UNIXMac OSXeon Phi コプロセッサ 、ARMの上で走るC/C++/Fortran アプリケーションで動作し、OpenMP、MPI、OpenACC、CUDA および ARM をサポートします。 TotalViewの主な機能についてはこちら www.roguewave.jp をご覧ください。

TotalViewの機能や性能評価をご希望の方には無償トライアルをご用意しております。こちらからお申込みください。

合わせてお読みください:We are on Mars Baby! blog.roguewave.jp

セールスエンジニア 齊藤