ローグウェーブソフトウェアのブログ

開発をシンプルに 安全で高品質のコードを 素早くお客様のもとへ

並列デバッガ TotalView 2019.1 リリース

TotalViewの新しいバージョン 2019.1がリリースされました。  

TotalView 2019.1で更新された内容

今回のリリースでは、NVIDIA Jetson AGX Xavierが新たにサポートされます。GUIパネルではダークテーマが利用可能になり、またPythonC/C++の混合デバッグではPyton3をサポートします。その他の更新情報は以下をご覧ください。

NVIDIA Jetson AGX Xavierをサポート

NVIDIA Jetson AGX Xavier ARM / Volta GPUプラットフォームのサポートにより、自動車の自動運転システムなど自律動作マシンのアプリケーションのデバッグが可能になりました。

ユーザーインターフェースオプション - ダークテーマが利用可能に

2019.1リリースではダークテーマが利用可能になりました。 ダークテーマへの切り替え方法などの紹介ビデオはこちらご覧ください。

Python 3 デバッグをサポート

TotalViewではPythonとC / C ++の両方で書かれた多言語アプリケーションをデバッグする事ができます。今回のバージョンではPython3をサポートしました。

macOSにFlexNet を組み込み

FlexNetの組み込みにより、Linux x86-64macOSの間でトークンを共有できるようになりました。

安定性の向上とプラットフォームのアップデート

SuSE / SLES 15 および PGI 18.10コンパイラのサポートを追加しました。

TotalViewの最新バージョンの詳しい情報は、弊社HPをご覧ください。

TotalViewを使ってみませんか?

TotalViewの無償トライアル制度をご存知ですか? 並列アプリケーションのデバッグでお困りの方、あるいはデバッガの導入を検討されている方、導入前に製品がお客様の開発プロジェクトに適しているかどうか、実際に開発の効率化や高速化に寄与するかどうかを確認することができます。お気軽にリクエストフォームからお申込みください。

トライアル申し込みはこちら

www.roguewave.jp

関連記事も合わせてお読みください: 

自動車の未来:上海モーターショー2019 - レベル2+・半自動運転のコンセプトカー

セールスエンジニア 齊藤