ローグウェーブソフトウェアのブログ

開発をシンプルに 安全で高品質のコードを 素早くお客様のもとへ

JMSL 2018リリース

ローグウェーブのJava数値計算・統計解析ライブラリ JMSL (IMSL for Java)の最新バージョンがリリースされました。今回のリリースから、詳細なリリース情報をまとめたリリースノートの代わりに、各リリースの過程で製品に生じた過去のバージョンの変更履歴を記載したChange Logをご提供することになりました。詳細は弊社ドキュメントページにあります変更履歴(Change Log)をご覧ください。

新機能と改善された機能

今回のリリースの主な変更点には、パフォーマンスの向上、線形回帰の強化、およびアーキテクチャのアップグレードなどが含まれます。

  • 今回パフォーマンスが向上した領域の1つは、時系列の外れ値の検出です。例えば、JMSL の ARMAOutlierIdentification を使用した AutoARIMA.compute メソッドは、問題のサイズにもよりますが 80〜99%ほど速くなりました。 また他にも、ディシジョンツリー(Decision Tree)やそのアルゴリズムを利用するGradientBoosting.fitModel などのクラスメソッドでも10〜50% ほど計算速度が速くなりました。

  • 線形回帰(LinearRegression)クラスではいくつかのメソッドが追加され、またランク不足の問題を解くためのカラム(列)ピボット機能などの機能強化が行われました。

  • JMSLの最新のサポート環境は”サポート環境表”をご覧ください。

重要なお知らせ

  • チャートクラスを利用ご希望の方は、営業担当またはカスタマーサポートまでお問い合わせください。

  • 今回がチャートモジュールでJava3Dをサポートする最後のバージョンになります。

  • Java3Dライブラリは本製品に含まれておりません。Java3Dは別途Oracleのサイトからダウンロードしてご利用ください。

本リリースに関する詳細な情報はこちら (JMSL ライブラリの新機能と特長 | ローグウェーブ)

をご覧ください。その他ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

ローグウェーブ セールスエンジニア 齊藤