ローグウェーブソフトウェアのブログ

開発をシンプルに 安全で高品質のコードを 素早くお客様のもとへ

並列デバッガ TotalView 2018.0リリース

TotalViewの新しいバージョン v2018.0がリリースされました。今回のバージョンでは、ライセンスサーバ環境が更新され、NextGen User Interface(以下NextGen UI)用いたデバッグ実行環境に多くの機能が追加されました。

製品に関する各種ドキュメント

TotalView製品ドキュメント一覧(英語) | リリースノート | サポート環境表(pdf) | ​ChangeLog (変更履歴) | 製品ドキュメント(日本語)

TotalView 2018.0で更新された内容

CodeDynamicsの更新も以下の内容に準じます。

Linux PowerLE および Linux ARM64用のライセンスサーバ サポート

これにより同じアーキテクチャーの複数のシステム間でチームベースのトークンを共有することができるようになりました。

NextGen UIの機能強化

NextGen の Python デバックに、ctypesの "glue" フレームをフィルタリングする機能が追加されました。

  • 並列セッションの起動

NextGen UI の Parallel Session ダイアログで並列ジョブを簡単に起動できるようになりました。

アクションポイントの行番号をマウスで右クリックすると新しいメニュー表示されます。

ツールチッブで非常に長い文字列表示が見やすくなりました。

バグの修正と改善

その他、複数のバグ修正と細かな改善が行われました。

トライアル

TotalViewは1ヶ月の無償トライアルが提供され、購入前に製品がお客様の開発プロジェクトに適しているかどうか、実際に開発の効率化や高速化に寄与するかどうかを確認することができます。お気軽にリクエストフォームからご連絡ください。

セールスエンジニア 齊藤