ローグウェーブソフトウェアのブログ

開発をシンプルに 安全で高品質のコードを 素早くお客様のもとへ

TotalView 2017.2ベータ版 - Python混合デバッグのサポート強化、バッチデバッグとリバースデバッグ

ローグウェーブ セールスエンジニアの柄澤(からさわ)です。

ローグウェーブの並列デバッガTotalViewは、年に数回のリリースを行っていますが、リリースに先立ってベータ版をお客様向けに提供しています。先進的な機能をいち早く試したい方や新バージョンの動作検証にご協力いただける方に個別に配布しています。ご興味がある方はぜひ日本法人のサポートサービスまでご連絡ください。

ベータ版の情報については、なるべくこのブログでもご紹介していく予定ですが、最新情報はローグウェーブ米国本社のフォーラムページでアナウンスされています。

forums.roguewave.com

2017T.2.4のアナウンスでは、以下のPythonC/C++ 混合デバッグ機能がサポート強化されたことが述べられています。

  • 関数のコールスタック(呼び出し履歴)をフィルタリングするためのトグルボタンを追加

blog.roguewave.jp

  • NumPyのndarrayをサポート
  • ListとTupleをサポート

blog.roguewave.jp

また、dwz圧縮(compression)をサポートしました。Linuxでは実行用のバイナリや共有ライブラリにELF形式のファイルフォーマットが使われています。CentOSなど一部の環境ではELFにコンパイルするときにこの圧縮がかかり、デバッグシンボルを最適化したり重複の削除を行います。今回からTotalViewはこのdwz圧縮されたファイルもデバッグできるようになりました。2017.1のリリース時にコメントしたCentOSPython混合デバッグができない問題もこれで解消されました。

また、大規模なCUDAプログラムのデバッグが高速化されました。

2017T.2.7のアナウンスでは、下記の機能追加が発表されました。

  • 2017.1でLinuxに導入されたSplit DWARFがSolaris SPARCでもサポート対象となりました。

blog.roguewave.jp

  • 上記のdwz圧縮が施されたライブラリに対してもデバッグが可能になりました。dwz圧縮はRed Hat/CentOS系のシステムで広く使われているためこのサポートは特に有用です。
  • Xeon Phiでのデバッグに対し独立のライセンスが不要になりました。通常のLinux x86-64ライセンスだけで十分です。

また、以下のバグが修正されました。

blog.roguewave.jp

  • 入れ子になったループ内のブレークポイントに到達する際のパフォーマンスが向上しました。Macでは特に顕著なメリットが得られます。
  • 複雑なソースコードデバッグする際にReplayEngineがクラッシュするバグが修正されました。

改めて、ご興味がある方はぜひ日本法人のカスタマーサポートセンターまでご連絡ください。

ローグウェーブ セールスエンジニアの柄澤(からさわ)