読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローグウェーブソフトウェアのブログ

開発をシンプルに 安全で高品質のコードを 素早くお客様のもとへ

AWS S3障害にも耐えたAkanaのAPI管理プラットフォーム - CodeBuzzから

先週、2月末に米国の一部の地域でAmazonAWS S3がダウンし、このクラウドストレージを利用していた多くの著名なサービスが一時利用不可になり、日本でも大きな話題になりました。

www.publickey1.jp

www.itmedia.co.jp

ローグウェーブソフトウェアでもこの地域でAPI管理サービスを展開していますが、影響はなかったようです。一体何故でしょうか?

blog.roguewave.jp

API管理プラットフォーム AkanaAPIセキュリティやマイクロサービス関連のプロダクトマネージャを担当している Ian Goldsmithがこの問題についてブログでコメントしているのでご紹介します。

We stayed up when AWS went down

blog.klocwork.com

Amazon Web Services (AWS) S3サービスの今週発生した米国東部地域におけるダウンはすでに広く報じられています。 S3停止の波及効果により、Amazonの他の多くのサービスも巻き込まれ、Quora、Trello、GitLabといった多くの有名なサービスに深刻で長期間にわたる停止を引き起こしました。全体としてアマゾンは優れたサービスを提供しています。誰もが知っているようにこうしたことは起こるものなのです。大切なのはこの種の障害に耐えられるようにソリューションを設計することです。

私たちのAkana API管理のSaaSプラットフォームはAWSホスティングされており、米国東部地域でも本格的に事業を展開しています。それなのに、一体どのようにして顧客にシームレスなサービスを提供できたのでしょうか?

多くのAPI管理ソリューションが提供している「SaaS」ソリューションは、真のマルチテナントプラットフォームではありません。多くの場合は結局のところ、特定のリージョン内で定義された可用性ゾーン内で稼働する専用サーバーに頼ることになります。このリージョンや可用性ゾーン、サーバーに問題が生じるとサービスはダウンしてしまいます。私たちローグウェーブが行なっていることは全く異なります。我々は、高度に復元力のあるアーキテクチャを備えた、大規模でスケーラブルで分散性の高いマルチテナントのSaaSプラットフォームを運用しています。

私たちは、シャーディングとレプリケーションを行なったNoSQLストアと、マスター/スレーブにレプリケートされたリレーショナルストアを組み合わせて使用​​し、データ・ストレージに障害に対する優れた復元力を提供します。高度なルーティングと負荷分散を備えた複数の可用性ゾーンやリージョンに分散した多数の小さなサーバーを使用して、どんなことが起こっても適切にAPIトラフィックを処理し続けるようにします。マスターリージョンで完全に障害が発生した場合でも、他のリージョンのサーバが数分でマスターの役割を引き継ぎます。つまり、顧客は1〜2分構成を更新できない可能性がありますが、その他の機能はすべて中断されません。私たちはお客様の中核サービスを中断することなく、個々のサーバー、可用性ゾーン全体、およびリージョン全体の障害から生き残ることができました。

APIをビジネスに活用しているみなさまは、インターネット上で何が起きていても、可能な限り最高のサービスを提供できるように、AkanaのAPI管理についてご覧ください。

編集後記

いかがだったでしょうか。情報の分散化、冗長化について考慮する良い機会である、とする意見が多く聞かれました。

www.geekwire.com

定評のあるクラウドサービスでもこのような問題が発生し、甚大な影響を与えることを改めて実感した方も多いのではないでしょうか?

ローグウェーブ セールスエンジニア 柄澤 (からさわ)