ローグウェーブソフトウェアのブログ

開発をシンプルに 安全で高品質のコードを 素早くお客様のもとへ

TotalView 2017.0 リリース - ReplayEngine高速化、新UIにウォッチポイント、NVIDIA Tesla P100

ローグウェーブが開発しているデバッガTotalViewとCodeDynamicsは、アプリケーションを実行時に分析し、バグの原因やメモリ問題、クラッシュなどを見つけるための便利なツールです。

TotalViewとCodeDynamicsの新バージョン2017.0はPascal GPUアーキテクチャを利用した新しいNVIDIA Tesla P100 GPU上でのデバッグをサポートします。今回の機能向上により、GPUを止めることなく個別のスレッドをオフにできます。

リリースに前後してTotalViewのプロダクトマネージャーであるMartin BakalがTesla P100のサポートについて 記事を書いています。このチップの特徴の一つに命令レベルのプリエンプションをサポートしていることが挙げられます。一つのGPUがグラフィック描画とアプリケーションの計算両方に同時に使用されると画面の更新はしばしば遅延することになります。さらにデバッガがブレークポイントGPUを止めるとデバッガ自体の動作も止まってしまいます。しかし今回の新しいチップではもうそのような心配はありません。TotalViewもCodeDynamicsも、単一のGPUを持つシステムでも複数のGPUを持つシステムでもシームレスで快適なデバッグ体験を提供します。

その他の追加機能として、

  • リバースデバッグ機能RelayEngineGoBack操作が高速化
  • TotalView新UIとCodeDynamicsへの追加点
    • 新UIでウォッチポイントを作成可能に
    • プロセスとスレッドの状態を見やすくするための色分け表示
    • 「Create Breakpoint At Location」ダイアログによる新しいブレークポイント作成方法

f:id:RWSJapan:20170209095009p:plain

機能の強化と追加に関する詳細はTotalView 2017.0 CodeDynamics 2017.0にある更新情報をご覧ください。

既存のお客様はフォームから新しいバージョンをリクエストすることができます。また、購入をご検討の方は、トライアルも利用可能です。

新UIでのFortranデバッグとリバースデバッグの動画が先日公開されましたので、まだご覧になっていない方はぜひご覧ください。 blog.roguewave.jp

ローグウェーブ セールスエンジニア 柄澤(からさわ)