読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローグウェーブソフトウェアのブログ

開発をシンプルに 安全で高品質のコードを 素早くお客様のもとへ

Visualization for C++ 6.1リリース / 大規模可視化ライブラリ タッチスクリーンの全面サポート テキストレンダリング 

Visualization リリース 製品とサービス

ローグウェーブソフトウェアが開発するC++用大規模GUI作成ライブラリ Visualization for C++最新バージョン6.1がリリースされました。 日本語ドキュメントページからリリースノートサポート環境表、その他のドキュメントをご覧ください。

トライアルリクエストはこちら

Visualization for C++の製品構成

Visualization for C++はクラスプラットフォームで多機能、パワフルな可視化ライブラリViewsと、ビジネスモデルを抽象化してリアルタイムにGUIとやりとりを行うためのフレームワークServerで構成され、ハイパフォーマンスでインタラクティブ、先進的なグラフィックコンポーネントの広範なセットを提供します。多彩なグラフやガントチャート、地図などのアドオンも製品に緊密に統合されています。Visualization for C++を使えば、ビジネスや科学技術計算、データサイエンスなど様々な分野においてグラフィカルユーザーインターフェースを構築することが可能です。

大規模データを軽快にリアルタイムに描画する性能と、インタラクションの高いカスタマイズ性を備えた可視化ツールを使ってすばやく容易にユーザーインターフェースを開発しカスタマイズすることができます。 f:id:RWSJapan:20161221130538p:plain

6.1での主な変更点

X windowでのテキストレンダリング更新

X Windowsプラットフォーム上で、フォントのレンダリングにXftとFreeTypeが利用可能になりました。これによりアンチエイリアシングやスケーラブルフォント、透過処理(アルファチャンネル)を利用できるようになりました。利用するための手順は、マニュアルの Text anti-aliasing and scalable fonts with Xft on X Windows日本語リリースノートをご覧ください。

タッチスクリーンのサポート

バージョン5.7からWindows環境で開発者によるタッチポイント操作の指定が可能になり、6.0でLinuxでも利用可能になりました。 blog.roguewave.jp

今回6.1ではついにマルチタッチジェスチャーがデフォルトでサポートされました。パンやズーム、回転といった基本的なアクションがContainerクラスやManagerクラスといった通常のクラスにおいて利用可能になりました。1本指や2本指を使って、コンテンツのパン(移動)やピンチによるズーム、回転など直感的な操作が、特別なコーディングの必要なくサポートされます。タッチポイントを使えばタブレットなどのモバイル端末を使って、複雑かつ大規模な管理データを直感的なGUIで閲覧したり更新することができ、コントロールルームと現地でのデータをリアルタイムに共有して業務を効率的に進めることが可能になります。

ルックアンドフィールのカスタマイズ性向上

CSSプロパテイを拡張し、メニューアイテムの背景色を指定できるようになりました。スタイルシートを利用する方法は上記の6.0リリース時のブログ記事をご覧ください。

Serverの更新

Serverは抽象的な高機能なデータ管理フレームワークで、独立したC++用の製品ですが、C++用のViewsやJava用のJViewsと組み合わせるとハイエンドなGUIクライアントを作成することがより容易になります。

XMLスキーマ

6.1では言語DTDを等価で完全なXMLスキーマに置き換えました。インストールディレクトリの$ILSHOME/data/ils.xsd をご覧ください。ドキュメントのILS XML Schemaに記されているように、URIhttp://www.roguewave.com/schemas/server/1.0 に更新されました。ただし、ILSコンテンツを含んだ従来のレガシーなXMLファイルとの互換性は保たれています。

Serverのプロトコルバージョン更新

また、プロトコルバージョンが64bitサポートのために更新されました。C++のサーバとクライアント、Javaのクライアントで別のプロトコルバージョンを利用する方法はドキュメントをご覧ください。環境変数コマンドラインオプションでの明示的な指定が可能です。

ローグウェーブ セールスエンジニア 柄澤(からさわ)