読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローグウェーブソフトウェアのブログ

開発をシンプルに 安全で高品質のコードを 素早くお客様のもとへ

TotalView 2016.07 リリース / ARMv8 64アーリーアクセス

CodeDynamics TotalView リリース 製品とサービス

並列デバッガのTotalViewCodeDynamicsの最新版がリリースされました。TotalViewはバグの根本原因を見つけたり実行時のプログラムの内部情報を可視化するためのパワフルなツールで、C/C++/Fortran開発者向けに多彩なGUI/CLI/バッチデバッグ環境を提供します。更新情報はそれぞれの製品のWhat’s Newをご覧ください。

TotalViewの関連ドキュメント

製品ドキュメント(英語) | リリースノート | サポート環境表(pdf) | ​ChangeLog (変更履歴) | 製品ドキュメント(日本語)

CodeDynamicsの関連ドキュメント

製品ドキュメント(英語) | リリースノート | サポート環境表(PDF)

リリース内容

今回のリリースの最大の目玉は、Linux ARMv8 64bitへのアーリーアクセスサポートでしょう。TotalViewのプロダクトマネージャーであるMartin BakalがSC16の紹介記事で書いているように、HPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)の世界でもARMが使われるようになってきました。ARMのさまざまな有用性については前回 Andrew PomponioのRaspberry Pi記事でもご紹介しました。

blog.klocwork.com

blog.roguewave.jp

まだいくつか機能制限や不具合はありますが、新GUIやメモリデバッグなど先進的な機能も利用できます。今後も引き続き正式対応に向けて作業を続けていきますので、どうぞフィードバックをお寄せください。

TotalViewの新UIおよびCodeDynamicsも引き続き進化を続け、ついにFortranmacOSのサポートを開始しました。

また、HPC UIのrootウィンドウのプロセスツリーに色付けされたアイコンが追加され、ブレークポイントで止まっているなら赤、停止なら青、Runningなら緑のように表示されるため、膨大なプロセスから必要な情報を探すときに、より見やすくなっています。地味な変更かもしれませんが、このような細かい配慮の積み重ねによって開発の効率が向上します。

http://staging.roguewave.com/getmedia/5eaa6960-6ddd-4713-ab1d-f55bcce0b65f/2016-11-ProcessState

サポート環境は前述のmacOS Sierraの他、 Fedora 24、Ubuntu 16.04、インテルコンパイラ 17.0、GCC 6.2、OpenMPI 2.0、 Intel MPI 2017などが追加されています。また、改めてCUDA 8の公式リリースに対して正常に動作することを確認しました。

お問い合わせはこちら

ローグウェーブ セールスエンジニア 柄澤(からさわ)