ローグウェーブソフトウェアのブログ

開発をシンプルに 安全で高品質のコードを 素早くお客様のもとへ

エンタープライズ領域におけるソフトウェア開発の進化

ローグウェーブの柄澤(からさわ)です。

Rogue Wave SoftwareでTotalViewCodeDynamicsのプロダクトマネージャーをつとめているMARTIN BAKALが動的コード解析ツールCodeDynamicsをご紹介しています。ぜひご一読ください。

エンタープライズ領域におけるソフトウェア開発の進化

blog.klocwork.com

エンタープライズ領域で開発されるアプリケーションはシングルスレッドからマルチスレッドへと発展してきました。これはひとえに多くの計算機が現在では複数のコアを有し、アプリケーション側はその全てのプロセッサの計算能力を最大限に活用したいと考えることによります。アプリケーションをマルチスレッド化したり、マルチコア上のマルチスレッドアプリケーションを作成することは開発チームにとって大きな問題をもたらします。

こうした問題を解決するために私たちローグウェーブは大規模データを利用する商用アプリケーションのための次世代動的コード解析ツール CodeDynamicsを導入しました。

CodeDynamicsは信頼されたスケーラブルなデバッガエンジンを搭載しています。このエンジンは現在HPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)の領域で幅広く利用されているTotalView for HPCが使っているのと同じものです。HPCの領域では長年大規模なデータが使われ、数千のスレッドやコアを使って複雑な数学的アルゴリズムを実行するアプリケーションの開発に取り組んできました。

商用のアプリケーションでは、分割されたデータをmutexなどの手法で保護することがきわめて重要です。しかしあるコードに欠陥があったとしても、多くのアクセスが同時に発生するため、そのコードを特定してステップ実行すること、デバッグを実行することは干し草の山の中から針を見つけるように困難です。

CodeDynamicsは複数スレッドで大規模なデータ構造を扱う開発の仕事をすっきりと簡単にします。開発者はデバッグセッションを記録して逆向きにステップ実行することもできます。これらすべては複雑なマルチスレッドアプリケーションのデバッグを簡単にそして効率的にするためのものです。みなさんは針をすばやく探し出せるようになるでしょう。

CodeDynamicsについてはこちらのページをご覧ください。

また、Supercomputing 2015 (SC2015) のブース1324にもお立ち寄りください。 CodeDynamicsとTotalView for HPCがどのように動くのかを実演いたします。

MARTIN BAKAL

デモ、トライアル、説明

お気軽にご連絡ください。

www.roguewave.jp