読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローグウェーブソフトウェアのブログ

開発をシンプルに 安全で高品質のコードを 素早くお客様のもとへ

CodeDynamics 2015.11 リリース C++11対応と新しい検索ツール

ローグウェーブのセールスエンジニア 柄澤(からさわ)です。エンタープライズ向けのGUI並列デバッガCodeDynamicsの第2弾がリリースされました。

www.roguewave.jp

CodeDynamicsとは

C/C++対応でGUIベースのソースコード&メモリデバッガです。マルチスレッドのLinuxアプリケーションを完全にコントロールし、プログラムの状態を可視化します。

CodeDynamics は C/C++で書かれた複雑なアプリケーションを実行時に調べ、開発者がバグやメモリ問題、クラッシュの原因を発見し修正することを助けます。CodeDynamics は エンタープライズ規模でのマルチスレッドアプリケーションを念頭に開発されており、実行中のプログラムに対する高い可視性、スレッドの状態に対する高度なコントロールなど、ユニークな見方を提供し分析を助けます。 f:id:RWSJapan:20151112114439j:plain

英語ドキュメント一覧からリリースノート環境対応表をご覧いただけます。また、製品概要やリバースデバッグの威力を紹介した動画もぜひご覧ください。

主な内容

C++11サポートの強化

TotalView 8.15.10と同様、STLC++11などのテンプレート表現をより見やすく表示するType Transformation機能が強化されました。こういったType Transformationについてはユーザーガイドリファレンスガイドをご覧ください。 f:id:RWSJapan:20151127170838p:plain

また、以下の動画はC++11のmoveやunique_ptrがCodeDynamicsを使うとどのように表現されるかを示したものです。

www.youtube.com

ソースコード検索の強化

CodeDynamicsやTotalViewではソースコード中の変数や関数などを検索できますが、今回のリリースではCodeDynamicsの刷新されたGUIを活かしてアクセスしやすい検索窓が導入されました。メニューのほか、Ctrl+Fでも検索を開始できます。

f:id:RWSJapan:20151127165455p:plain

ユーザーガイドのCodeDynamics User Guide : Chapter 6 Examining and Editing Data : Finding Functions and Files in the Lookup Viewもご参照ください。

お問い合わせ

roguewave.jp