読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローグウェーブソフトウェアのブログ

開発をシンプルに 安全で高品質のコードを 素早くお客様のもとへ

ローグウェーブとZend

製品とサービス zend イベント

ローグウェーブの柄澤です。すでに発表された通り、PHP言語に多大な貢献をし続けてきたZend Technologiesが私たちローグウェーブに加わりました。

ローグウェーブ米国本社のブログ CodeBuzzでもこのニュースを取り上げていたので大意をご紹介します。なお、ElePHPantは言わずと知れたPHPマスコットキャラクターですが、今回のタイトルはElephant in the room、「見て見ぬふりをする」という意味の英語の成句をもじったものです。実際のところ、この買収は少なからぬ関心を集めているようです。

The ElePHPant in the room: Rogue Wave + Zend

blog.klocwork.com

ローグウェーブとZend双方にとってとても忙しい一週間でしたが、今回の買収についての発表は本当に待ち遠しいものでした。

Zendが加わったことにより、ミッションクリティカルなエンタープライズ分野のプロジェクトへの私たちの貢献は完全に新たなレベルに達し、活気のあるすばらしいPHPコミュニティがOpenLogicから始まった私たちのOSSへの取り組みに加わりました。私たちの多くの顧客はすでにPHPを信頼しており、Zendとローグウェーブ双方の知識と情熱、顧客基盤の結びつきは素晴らしいものとなるでしょう。

ZendCon 2015では私たちはリーダーシップについて、また技術的に突っ込んだ話題、協力の機会について話し合うことになります。加えて、間近に迫った製品リリースについても大きく取り上げます。これまでで最高のリリース、PHP 7でもたらされた様々な機能やパフォーマンスの向上について、またZend Studio 13やZend Server 8.5、Z-Rayについてもご紹介します。今まで行ってきたのと同様に、私たちは急成長するPHPのエコシステムを支え、導いていきます。

もちろん、ご安心ください、Zend Engineのライセンスは変わりません。

今回初めてローグウェーブを知ったみなさん、ようこそ! 私たちは40年以上にわたってソフトウェアビジネスを展開しており、さまざまな側面から多様な製品、価値、サービスをソフトウェア業界にもたらしてきました。そのために私たちは、絶えず業界の変化を取り入れ、開発者がどこから来てどこへ向かうのかを理解してきました。

ローグウェーブの主な製品をいくつか紹介すると... OpenLogicのサービスを利用することで、企業はもはやセキュリティ脆弱性やライセンスの問題、あるいは不安定なサポートのリスクに悩まされる必要はなくなりました。また、Klocworkはより広い開発者を対象として網羅性の高い強力な静的コード解析を提供します。コードを書いたそばからオンザフライで解析するデスクトップ解析は実にユニークです。ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)の世界では、直感的で素早くバグを特定できるTotalViewがおすすめです。ビッグデータや予測解析のチームにはIMSL数値ライブラリ数値計算と統計解析のための他に類を見ないアルゴリズムを提供します。

これがローグウェーブのやり方です。ミッションクリティカルなエンタープライズの製品を開発者にとってシンプルなものとし、プロジェクトを成功に導きます。

Zend + Rogue Wave - elePHPantは今や遊びまわるための実に大きな部屋を手に入れたのです。

オープンソースカンファレンス2015

ローグウェーブの日本オフィスは、12/9にTKP渋谷カンファレンスセンターで行われるオープンソースカンファレンス2015 .Enterprise - Article にセミナー発表およびブース出展を行います。OpenLogicやZendについて、またそれ以外のローグウェーブ製品もご紹介しますので、ぜひご来場ください。