ローグウェーブソフトウェアのブログ

開発をシンプルに 安全で高品質のコードを 素早くお客様のもとへ

SourcePro 13.2 リリース - C++開発プラットフォーム

ローグウェーブソフトウェアのセールスエンジニア 柄澤です。クロスプラットフォーム C++クラスライブラリ群 SourcePro 13.2がリリースされたことをお知らせします。

SourceProとは

roguewave.jp

C++言語は堅牢で高速、移植性や互換性に優れ、過去のコードも容易に再利用できるため、業務システムの基盤から科学技術計算のシミュレーション、最先端のゲーム開発など非常に広範囲の業種、分野にわたって利用されてきました。しかし他の高級言語に比べて標準ライブラリのカバーする範囲が狭く、スレッドやネットワークなどを利用する際にはプラットフォーム特有のコードや個別のサードパーティ製のライブラリが必要でした。これに対し、C++の長所を残したまま強力に補完し、スマートポインタや国際化など便利な機能を追加したものがSourceProです。以前はTools.h++という製品名でも流通し、幅広い支持を集めています。

f:id:RWSJapan:20150911152056p:plain ウェブサイトの製品紹介記事(日本語版英語版)や詳細なドキュメントに加え、ローグウェーブの製品カタログでの紹介もご覧ください。

13.2の主な変更点

今回の変更点はプラットフォームの更新です。Windows 10やVisual Studio 2015への対応が目立つところですが、その他にもセキュリティ対策やバグフィックスが含まれています。

  What's New : 新機能と特長 および リリースノートサポートプラットフォーム をご覧下さい。

アプリケーションの基盤をSourceProで構築しておけば、SourceProをアップデートするだけで自動的に最新の環境で検証済みのコードを維持し続けることができます。

お問い合わせ

http://roguewave.jp/forms/request.htmlroguewave.jp

by YK