ローグウェーブソフトウェアのブログ

開発をシンプルに 安全で高品質のコードを 素早くお客様のもとへ

TotalView 8.14.1 リリース

TotalView 8.14.1をリリースしました。

www.roguewave.jp

主な変更点は以下のとおりです。

NVIDIA CUDA 6.5 サポート

CUDA バージョン6.5 をサポートします。また、TotalView は引き続き CUDA バージョン 6.0 と 5.5 をサポートします。

CoArray Fortranサポート

Cray の CCE 上で Fortran2008 の標準機能の一部である CoArray Fortran をサポートします。CoArray Fortran は、PGAS スタイルの記述に対応しており、開発者は MPI ライブラリ等を呼び出すことなく Fortran の並列プログラムを開発する事ができます。

Type Transformation 機能の拡張

TotalView 8.14 で導入された unordered_map, unordered_set, unordered_multimap および unordered_multiset STL コレクションクラスのType Transformation 機能が、Intel コンパイラでも使えるようになりました。

シンボル処理の高速化

これまで大きな実行プログラムの操作を行う場合、全ての情報を必要とするため、処理が遅くなる傾向がありましたが、今回デバッグシンボルの処理速度が大幅に改善されました。あるテストケースではパフォーマンスが 99% 改善されました。

Memory Scape の起動時間の短縮

プラットフォームの変更 次の新しいプラットフォームがサポートされました。

次のプラットフォームはサポートされなくなりました。
コンパイラの変更

次の新しいコンパイラがサポートされました。