ローグウェーブソフトウェアのブログ

開発をシンプルに 安全で高品質のコードを 素早くお客様のもとへ

SourcePro 13.0 リリース / C++アプリケーション開発ツール

www.roguewave.jp

SourcePro 13.0は最新のセキュリティの規格に対応しています。SourcePro 13.0は最新のプラットフォーム、コンパイラ、データベースをサポートし、使いやすさと性能が向上しています。

セキュリティ

  • 全てのSourceProモジュールはRogue Waveの静的コード解析ツール Klocwork Insight 10.0でテストを行い、CWE, CERT, OWASP, DISA STIG, MISRAといった最新のセキュリティ規格をクリアしていることが確かめられています。
  • サポートしているOpenSSLを1.0.1hへと更新しました。
  • ユーザのデータベースのパスワードをメモリ上に保存しないオプションを追加しました。

パフォーマンス

  • RWCStringのパフォーマンスが向上しました。
  • 不要なmemsetと境界チェックを削除しました。
  • サポートしているMKLを11.1へと更新しました。
  • C++11のサポートを強化しました。

機能強化

  • 古いバージョンからアップグレードするときに非推奨になったAPIを見つけるための機能を追加しました。
  • VectorとListに関数を追加しました。
  • RWDateとRWCollectableを追加しました。

対応プラットフォーム

  • Red Hat Enterprise Linux 7を追加しました。
  • Windows Server 2012 R2を追加しました。
  • AIX 6.1のサポートを(TL6100###09###01###1341)へ更新しました。
  • AIX 7.1のサポートを(TL7100###03###01###1341)へ更新しました。
  • SuSE Linux Enterprise Server 11のサポートをSP3へ更新しました。
  • HP###UX 11i v3のサポートをMarch 2014 (11.31)へ更新しました。
  • Red Hat Enterprise Linux 5のサポートをupdate 10へ更新しました。
  • Solaris 10のサポートをupdate 11 (1/13, 147147###26)へ更新しました。
  • Windows 8のサポートをWindows 8.1へ更新しました。
  • ICUのサポートを5.2.1へ更新しました。

対応データベース

  • Oracle 12Cを追加しました。
  • SQLServer 2014 を追加しました。
  • ODBC driver を通じてInformixを追加しました。
  • SQLServer 2012のサポートをSP1へ更新しました。
  • MySQLのサポートを6.1.5へ更新しました。
  • DB2のサポートを10.5へ更新しました。
  • PostgreSQLのサポートを9.3.1 64 bitsへ更新しました。

対応コンパイラ