ローグウェーブソフトウェアのブログ

開発をシンプルに 安全で高品質のコードを 素早くお客様のもとへ

JViews 2017.1 リリース / Java9を追加サポート

Java向けの大規模GUIを作成するためのライブラリ、ローグウェーブのJViewsの最新版2017.1がリリースされました 。

JViewsは、通信ネットワークの管理や航空機の運行管理など、世界中のミッションクリティカルなアプリケーション開発で信頼され利用されています。オンラインデモのページからは、JViewsを利用したダイアグラム操作やプロセスのモニタリング、ダッシュボードやグラフなど様々なアプリケーションをブラウザでインタラクティブに動かすことができます。

JViews 2017.1 で追加された機能

JViews 2017.1では、従来のJava 7,8に加え、今回サポート環境に Java 9を追加しました。 また、 Eclipse の最新バージョン4.7.xにも対応しました。 詳細はリリースノートをご覧下さい。

Javaサポートについて

  • Java 9 では廃止予定のクラスやメソッドの削除など大幅な変更が行われました。この変更に対応するためJava 9 または 10 へのアップグレードする予定のお客様は、JViews も 2017.1 へのアップグレードをご検討ください。

  • Oracleは2018年9月にLTS版Java11のリリースを予定しています。JViews は Java11 を正式にサポートする予定です。

 

バージョンアップをご希望の方は、フォームもしくはメールにてご連絡ください。

セールスエンジニア 齊藤

IMSL Fortran 2018リリース/数値計算ライブラリ

ローグウェーブが開発している数値計算・統計解析ライブラリIMSLのFortran版の新バージョンがリリースされました。

IMSL Fortran 数値計算ライブラリ 新機能と特長 | ローグウェーブ

主な変更点

IMSL Fortranライブラリ2018では、新しい最適化ルーチンが追加され、サポートプラットフォームが更新されました。詳細はIMSL Fortran ライブラリ2018 の新機能をご覧ください。

DFO (Derivative Free Optimization) を用いた新しい最適化関数

従来のネルダーミード(Nelder-Mead)法に基づたサブルーチンBCPOLに加え、今回新たにDFOサブルーチン「LIN_CON_TRUST_REGION」が追加されました。これは信頼領域法を使用して線形制約のある N 変数の関数を最小化する M.J.D. Powell のアルゴリズムに基づいたものです。

プラットフォーム

今回第一弾として、RHEL及びWindows7/10、Intel コンパイラ用の製品がリリースされました。今後、SUSE/CentOS/Solaris用の製品が順次追加リリースされます。尚、サポートプラットフォームの詳細はサポート環境表をご覧ください。

IMSL Fortan 2018トピックス

  • IMSL Fortran 2018 は Oracle Solarisのプラットフォーム用の最終バージョンとなります。
  • IMSL Fortran 2018 は NVIDIA CUDA CUBLAS ライブラリをサポートしておりません。

  • IMSLの変更履歴は過去のリリースをまとめて変更履歴(change log)としてご提供する形式に変更になりました。

  • IMSL FortranライブラリはデフォルトでMKLを使用する設定となっています。MKLを使わない場合は、環境変数 LINK_****_IMSL をご利用ください。

トライアル申し込み

製品のトライアルはトライアル(評価版)リクエストからどうぞ。ご不明点はメールや電話、お問い合わせフォームから。

ローグウェーブ セールスエンジニア 齊藤

今週のお題「ひな祭り」

今週のお題「ひな祭り」

並列デバッガ TotalView 2018.0リリース

TotalViewの新しいバージョン v2018.0がリリースされました。今回のバージョンでは、ライセンスサーバ環境が更新され、NextGen User Interface(以下NextGen UI)用いたデバッグ実行環境に多くの機能が追加されました。

製品に関する各種ドキュメント

TotalView製品ドキュメント一覧(英語) | リリースノート | サポート環境表(pdf) | ​ChangeLog (変更履歴) | 製品ドキュメント(日本語)

TotalView 2018.0で更新された内容

CodeDynamicsの更新も以下の内容に準じます。

Linux PowerLE および Linux ARM64用のライセンスサーバ サポート

これにより同じアーキテクチャーの複数のシステム間でチームベースのトークンを共有することができるようになりました。

NextGen UIの機能強化

NextGen の Python デバックに、ctypesの "glue" フレームをフィルタリングする機能が追加されました。

  • 並列セッションの起動

NextGen UI の Parallel Session ダイアログで並列ジョブを簡単に起動できるようになりました。

アクションポイントの行番号をマウスで右クリックすると新しいメニュー表示されます。

ツールチッブで非常に長い文字列表示が見やすくなりました。

バグの修正と改善

その他、複数のバグ修正と細かな改善が行われました。

トライアル

TotalViewは1ヶ月の無償トライアルが提供され、購入前に製品がお客様の開発プロジェクトに適しているかどうか、実際に開発の効率化や高速化に寄与するかどうかを確認することができます。お気軽にリクエストフォームからご連絡ください。

セールスエンジニア 齊藤