ローグウェーブソフトウェアのブログ

開発をシンプルに 安全で高品質のコードを 素早くお客様のもとへ

GTC Japan 2017 出展レポート

2017年12月12日、13日の2日間、ヒルトン東京お台場で開催されたNVIDIA主催のGPUテクノロジーイベント『GTC Japan 2017』に展示スポンサーとして参加してまいりました。 ローグウェーブは7年連続の出展です!

f:id:RWSJapan:20171219151124j:plain
GTC Japan 2011-2016

今年の展示会場の様子↓ f:id:RWSJapan:20171219151322j:plainf:id:RWSJapan:20171219151303j:plain

来場者数は年々増加し、NVIDIAからのオフィシャル発表はまだのようですが、過去最高を記録したことは間違いないでしょう。 人気のセッションでは会場内に入りきれず入口扉付近で立ち見する参加者の姿が多く見られました。また、イベント翌日にはテレビのニュースやWEBメディアで取り上げられ、またSNSへの投稿など、Deep Learning機械学習、AIといった分野への関心の高さは想像以上でした。

ローグウェーブのブースでは今年も並列プログラム向けGUIデバッガ『TotalView』を紹介させていただき、最先端の技術者、開発者の皆様の生の声をきくことができました。

今回多くのみなさまに注目していただいたのは、最新バージョンでご利用いただける PythonC/C++の混合デバッグ の機能です。 f:id:RWSJapan:20171219154253j:plain 詳細は、TotalViewの機能概要 - Python と C/C++ の混合言語デバッグ のページをご覧下さい。

また、当日配布したホワイトペーパーは、以下からダウンロードいただけます。

Python と C/C++の混合デバッグ

TotalView による Intel Xeon Phi コードのデバッグ

マルチスレッドアプリケーションのデバッグにおける GNU GDB と TotalView の比較

その他、TotalView関連の資料はローグウェーブWEBサイトのドキュメントページからダウンロードできます。一ヵ月間無償でご利用いただけるトライアルもありますので、是非お気軽にお申込み下さい。 www.roguewave.jp

ブースに立ち寄られた方の中で、現在進行中のプログラム開発においてバグで頭を悩ませていると言われた方もいらっしゃいました。是非お試しいただき問題解決のお役にたてていただければ幸いです。

今年も弊社ブースにも多くのお客様に来ていただき、大盛況のうちに終了することができました。お忙しい中、弊社展示ブースにお立ち寄りいただきましたお客様に、心より御礼申し上げます。

『編集後記』

イベント2日目の午前中は、NVIDIAのCEO、ジェンスン・フアン氏の基調講演がありました。講演終了後には会場でメディア取材なども行われていたようです。展示会場を歩くトレードマークの"生"革ジャン姿を見かけることはできましたが、残念ながらお立ち寄りいただくことは出来ませんでした。

今後も注目せざるを得ない Deep Learning, 機械学習、AIといった最先端のテクノロジーの前にして、いつまでも「私はアナログな人間なので...」と勉強不足を言い訳している場合ではないのでしょうね。

--- ローグウェーブ マーケティング担当 井口

並列デバッガ TotalView 2017.3リリース / CUDA 9、高速化や新UIの機能強化、CI

11月末にTotalViewの新しいバージョンがリリースされました。今回のバージョンでも、ユーザーのみなさまがソースコードの内容を把握して、より自信をもって開発を進められるようさまざまなデバッグ機能が強化されました。

製品に関する各種ドキュメント

TotalView

製品ドキュメント一覧(英語) | html版製品ドキュメント | リリースノート | サポート環境表(pdf) | ​ChangeLog (変更履歴) | 製品ドキュメント(日本語)

TotalView 2017.3で更新された内容

CodeDynamicsの更新も以下の内容に準じます。

新UIの機能強化

トライアル

TotalViewは1ヶ月の無償トライアルが提供され、購入前に製品がお客様の開発プロジェクトに適しているかどうか、実際に開発の効率化や高速化に寄与するかどうかを確認することができます。お気軽にリクエストフォームからご連絡ください。

セールスエンジニア 柄澤(からさわ)

データ解析・可視化ソフトウェア PV-WAVE 2017.0をリリース

データ解析・可視化ソフトウェア PV-WAVE 2017.0がリリースされました。今回のリリースの目玉はWindowsジェスチャー機能のサポートです。これにより、従来のGUI機能と合わせ、タブレットやタッチパネル搭載のWindows環境でのアプリケーションの操作性を大幅に向上させることが出来ます。

以下の、WindowsジェスチャのPressAndTapやTwoFingerTapなど操作性を紹介するデモ動画

youtu.be

をご覧いただき、バージョンアップ、無償トライアルにて、是非一度お試しください。

今回の主な変更点

  • WtAddHandler関数にWindows Gesture機能を追加

  • WindowsLinux(32および64bit)プラットフォームで VTK7 をサポート

  • HTTP/HTTPSを介した安全なデータ交換のための、OpenSSLをベースにした新しいSSL_connect OPIを追加

またその他、今回のリリースの詳細な情報は、リリースノートサポート環境表、及びその他のドキュメントをご覧ください。

   

PV-WAVE Advantageのご紹介

PV-WAVE Advantageには、PV-WAVEの基本的なデータ解析と可視化の機能に加え、ローグウェーブの数値計算・統計解析ライブラリであるIMSL C/C++ライブラリがもつ数百もの関数がすべて含まれています。これにより、高度な数値計算・統計解析機能を持つツールやアプリケーションが短時間で作成できます。 また、PV-WAVE AdvantageのライセンスにはJWAVEの利用ライセンスも含まれています。

    

JWAVEのご紹介

JWAVEはPV-WAVEで作成したツールやアプリケーションをインターネット上のサーバを通じてクライアントマシンから実行するためのソフトウェアです。JWAVEに含まれるJWAVE Serverは、クライアントマシンから送られてくるPV-WAVEのコマンドをサーバ上のPV-WAVEに送りその結果をクライアントアプリケーションに返します。これにより、クライアントマシンにPV-WAVEがインストールされてなくても、ユーザはHTML、Java ScriptやJavaアプリケーションからPV-WAVEの多彩なデータ解析と可視化の機能を簡単にご利用頂けます。

   

無償トライアル

PV-WAVEは、研究者の皆さまが複雑で膨大なデータを手軽に解析しその結果を可視化できるツールであり、また開発者の皆さまがデータ解析と可視化の機能を備えたGUIアプリケーションを短時間で作成することができるソフトウェアです。データの解析と可視化でお困りの皆さま、ぜひ一度PV-WAVEの使いやすさとその豊富な機能をお試しください。 ローグウェーブではPV-WAVEの無償トライアルを実施しております。

ローグウェーブソフトウェアジャパン 齊藤