読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローグウェーブソフトウェアのブログ

ローグウェーブソフトウェアは、次世代HPCアプリケーション開発のためのクロスプラットフォーム開発ツールと組込みコンポーネントを提供する世界最大の独立系プロバイダーです。このブログでは最新の製品情報や会社情報、ソフトウェア開発に役立つ情報を掲載していきます。

CentOSへの貢献 - ローグウェーブのパッチがコミュニティに承認されました

OpenLogic 製品とサービス 記事紹介

ローグウェーブ本社の8/2付のプレスリリース(英語)で、ローグウェーブのCentOSチームがCentOSRRDToolに発生したシグナルハンドリングの問題に対して不具合の修正を提供した旨が発表されました。RRDtoolは、システムの監視に広く使われている時系列データのログ取得とグラフ化を行う高性能なOSSです。

この不具合は、RRDToolの作者であるTobias Oetiker氏のGitHubアカウント上で1月に報告されたもので、RRDToolsに含まれているデータキャッシュ用のデーモンrrdcachedのプロセスがデバッグコマンドstraceによりkillされてしまう、という問題です。この不具合報告を発見したローグウェーブのチームは、すぐに解決方法を見つけ出してセキュリティパッチを作成し、独自リポジトリ経由で顧客に届けると同時にそのパッチを作者に提供しました。上記GitHub上のやりとりで、解決の鮮やかさに作者が感心している様子が見て取れます。作者の求めに応じてプルリクエストが作成され、当然ながら承認されました。

http://blog.klocwork.com/wp-content/uploads/2016/07/CentOS-rrdcache-patch.png

ローグウェーブのOSS関連サービスOpenLogicを統括しているRichard Sherrardによれば、パッチがRRDToolsのメンテナによって承認されたことにより、バージョン1.5.x以上をソースからコンパイルしたRed Hat/CentOSユーザはこのパッチの恩恵を受けることができます。また、ローグウェーブのCentOS 6/7サポートサービスを利用している顧客は、通常のパッケージマネージャの運用を変えることなく、ローグウェーブのSpaceWalkリポジトリから直接RRDTool 1.5.6と1.6.0のRPMを利用することができます。その他のRed Hat/CentOSユーザは1.5.x以上のRRDToolパッケージがリリースに含まれるまでお待ちください、とのことです。

Richard Sherrardによる、このパッチ作成について説明したブログ記事によると、この不具合はデーモンが処理できないシグナルを受け取ったときエラーを吐いてアボートしてしまう、という厄介なものでした。今回のパッチにより、デーモンはwarningを投げてそのまま動作を継続するようになります。

blog.klocwork.com

ローグウェーブのCentOSサポートサービスの重要な要素である独自ホットフィックス提供について、詳細はまた後日ご紹介したいと思いますが、概要としては上記のように、脆弱性や重要な不具合に対するパッチをコミュニティに先立って顧客に提供し、しかもそれはyumrpmといった通常のパッケージマネージャのプロセスに自然に組み込むことができる、というものです。CentOS専属チームが提供するサポートとhotfix提供によりCentOS上で安心してミッションクリティカルなビジネスを展開することが可能になります。また、この貢献を行った当のCentOSスペシャリストRich Allowayについてもいずれご紹介します。豊かなOSSの経験を持ち、模型飛行機を飛ばしたり無線機や電子機器コントローラをカスタマイズする趣味を有する人物です。

ローグウェーブはコミュニティへのこうしたフィードバック活動を通して、今後もさらにオープンソース文化の発展に貢献していきますのでご期待ください。

ローグウェーブ セールスエンジニア 柄澤(からさわ)

オープンソースカンファレンス2016 .Enterprise 出展レポート

イベント OpenLogic

9月1日(木)- TKP渋谷カンファレンスセンターで開催された『オープンソースカンファレンス2016 .Enterprise』に参加し、ブース出展とセミナー発表を行いました。昨年に続き2回目の参加です。

※昨年のレポートはこちら↓ blog.roguewave.jp

展示ブースでは、OSSの使用状況を調査しその明細をレポートする『OSS監査 (Audit)サービス』および、何百ものOSSに対して商用レベルのサポート提供する『OSSテクニカルサポートサービス』について紹介させていただきました。

f:id:RWSJapan:20160912134310j:plain

また、45分のセミナー発表では『OSS監査 (Audit)サービス』がどのような場面でその効力を発揮するかを知っていただくための例としてM&Aに注目し東京M&A調査会の三村氏協力のもと、『M&A専業ベンダーとOSSソリューションプロバイダーのコラボによる、知財侵害やライセンス違反を抑止するための最強のソリューション』と題して発表を行いました。

当日発表したセミナー資料はこちらです。

www.slideshare.net セミナーの様子。 (来年こそはセミナールームを満席に!!!) f:id:RWSJapan:20160912134611j:plain

OSS業界ではまだまだ新参者のローグウェーブ。セミナー後のアンケートで「ローグウェーブの社名やOpenLogicというサービス名を知っていましたか?」という質問に対し7割以上の回答が「どちらも知らなかった」だったのには少々凹みましたが、これからもっとたくさんの方々に知ってもらえるよう努力していきたいと思います。

ちなみに、『OpenLogic OSSテクニカルサポートサービス』で対象とするOSSの数は今日現在371種類あります。この数は国内最多と言われており、2016年8月3日の日経産業新聞 デジタルBIZ&Tech 「フラッシュ」 でご紹介いただきました。

www.roguewave.jp

サポート対象 OSS リスト一覧 はこちら!

トライアルも承っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

ローグウェーブは、開発者の皆様が安全で高品質のコードをすばやくお客様のもとへお届けできるよう、高性能で便利な開発ツールとサービスを提供してまいります。

今後のローグウェーブにどうぞご期待下さい。

ローグウェーブソフトウェア マーケティング部 岩野

Stingray 12.1 リリース - Windows 向け GUI コンポーネント / グリッド機能の.NET 64bit対応、.xlsxの読み書き

stingray リリース 製品とサービス

ローグウェーブがご提供するStingrayの最新版12.1がリリースされました。

roguewave.jp

StingrayのコンポーネントObjective Gridは、オブジェクト指向で実装された多機能のグリッドコントロールです。お客様による機能拡張に対応するだけでなく、ウインドウを埋め込めるところであればどこにでも埋め込んでご利用いただくことができます。また、ODBC (Open Database Connectivity) や ADO (Microsoft ActiveX Data Objects) によるデータベースアクセス機能も提供します。

更新内容

新機能紹介12.1のリリースノートをご覧ください。今回の更新では主に.NET向けのObjective GridのC++/CLI対応が強化されて最新の.NET環境に対応し、また、新たに64bitへの対応が追加されました。Stingray12.1は最新の開発/実行環境のVisual Studio 2015とWindows 10を32/64bit両環境でサポートしています。

Excelの.xlsxファイルフォーマットの読み書き機能を実装

注意点として、GridExcelHelper"ライブラリは Office Open XML SDKに元にしており、Common Language Runtime (/clr) へのサポートが有効である必要があります。Grid Build Wizardでの使い方も上記のリンクをご覧ください。

最新の.NET環境に対応

これまで.NET版のグリッドコントロールはManaged C++で書かれていました。マイクロソフトがこの言語のサポートを終了したため、私たちはC++/CLIで書き直しました。

今回のリリースでは .NET Frameworkの4.5.2、4.6、4.6.2をサポートしています。Visual Studio 2015のデフォルトの.NET環境は4.6です。Stingrayは古いバージョンの.NETもサポートしていますので、開発しているプロジェクトを4.6のみを対象として再設定する場合はVisual Studioで設定してください。その他APIの変更などの注意点も12.1のリリースノートに記述されています。

お問い合わせ

以下のページでObjective Gridその他のデモを公開しています。登録不要で自由にダウンロードして実行できます。

Stingray コンポーネントとデモ | ローグウェーブ

お問い合わせは、ローグウェーブ営業部(sales@roguewave.jp / 03-5211-7760)まで。Webフォームもご利用いただけます。

以下は前回12.0のリリース記事です。

blog.roguewave.jp

ローグウェーブ セールスエンジニア 柄澤(からさわ)